宅地建物取引士(宅建士)

宅地建物取引士

公正円滑な不動産取引を実行する専門家。不動産取引の際の権利関係、物の状態などの重要事項は、宅地建物取引の専門家だけで認められた仕事である。不動産業界では、不動産関連のセクションを持つ一般企業や金融関係など広範囲に活躍することができる。

合格率:15~17%
受験者:20万人前後
受験資格:なし
受験料:7000円

試験内容

  1. 土地の形質、地質、地目、種別、建物の形質、構造、種別に関する知識
  2. 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令知識
  3. 土地及び建物についての法令上の制限に関する知識
  4. 宅地及び建物についての性に関する法令知識
  5. 宅地及び建物の需要に関する法令及び実務知識
  6. 宅地及び建物の価格の評定に関する知識
  7. 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関する知識


コメント

タイトルとURLをコピーしました